のんびり日記

rira.exblog.jp
ブログトップ

動物を飼う責任

2ヶ月ぶりにさくらを小鳥のクリニックに連れて行きました。毛引きと自咬症の後、カラーのまわりの毛を引き抜いたのが心配だったのですが…。もっと深刻な事態がわかりました。

最近やたらさくらはヒーターの近くにきてうつらうつらしていて気になってはいたのです。獣医に伝えたところ、さくらの羽色の黄色が濃いのが気になると言われました。肝機能の低下の現れだそうです。


さくらは太りすぎを注意されていて、何回か指導されていたのです。しかし私、飼い主の怠慢で放ってました。太りすぎは小鳥には肝臓に負担をかけるそうです。結果、さくらは肝臓の調子が悪く、倦怠感から眠ってばかりいるのではないかとのおみたてでした。


肝臓がわるくなると羽根の色が赤くなったり、ルチノーだと黄色が強くなるそうです。全くの私の責任放棄の結果です。


これから投薬を続けて様子を見ます。クリニックの皆様は大人なので私の責任を追求するようなことはありませんでしたが、理由はきっぱりと告げられました。動物を飼う責任について考えさせられ、そして猛省中です。これから私がさくらにしてあげられる全てのことを努力していきます。
[PR]
by momo-pearl | 2011-07-30 20:25 | インコ | Comments(0)